江戸の経済

江戸時代、庶民に人気だった鯨は経済を動かしていた


江戸の食事

江戸で安価で庶民の食事として大人気!!ネギとマグロのねぎま鍋
江戸の食道楽 命がけで食べられる魚フグを食す
江戸の料理に胡椒が使われていた?井原西鶴の本や江戸時代の料理本に胡椒が出てくる!!
江戸庶民の朝食に欠かせない食べ物は納豆はみそ汁に入れていた
江戸時代に発展したご飯を美味しく食べるための様々な食べ方
お味噌汁は江戸時代に多くの家庭に浸透した
江戸時代、それは今では考えられない冷蔵庫のない時代
焼きトウモロコシは江戸時代でも人気だった
天ぷらは元々、屋台で立食いするジャンクな食べ物だった。


将軍・大名

正妻(お台所)のために10人前の料理が用意される理由と残り物の行方は?


武士たち

御触書から見る江戸「奉公人が刀を差すことをダメ、主人は罰金を払え」
江戸時代の足軽たちは派遣武士として働いていた!!
江戸時代の武士や大名の婚礼は庶民の結婚の違い
江戸時代の武家の女性の貞操概念『再婚はしたのか?』
江戸で勤める無断外泊禁止の武士たちの大変さ!!
江戸時代の武士が行う成人式である元服とは?
江戸時代、武士の仕事の変化/偉い人ほど忙しい
町奉行所の役割、休みの日も忙しその仕事とは
町奉行の仕事は2~3年で異動や辞める人が多かった理由

町人たち

江戸時代の農民は作った米を食べれたか問題!?
白米ばかり食べてなる江戸の病気!!脚気の恐怖
江戸時代のお見合いのしきたりと仲人という仕事
江戸時代の商売グループ「株仲間」自由経済ではなく談合する商売人
髪結いという江戸時代に女性でも家族を養えた仕事があった。
江戸の街を回って小商いをする棒手振り(ぼうてふり)/お店を持たない人たちの商売

江戸の組織

江戸の生活

御触書で見る江戸『どんな時代にもゆすり、たかりする悪人はいる』
江戸時代の商店の買い物はツケで買い物、江戸での信用取引
江戸時代に人気のあった花火、そんな花火を打ち上げていた人は将軍や武家と商人?
掛け声にも用いられる江戸で人気のあった2つの花火屋『鍵屋』『玉屋』
江戸時代に広がる貸本文化はどんなだったのか
江戸時代、スリは10両以上盗んで死罪になったのか?
江戸時代の人たちは歯磨きをしていたのか?
・江戸時代の昔から欠かせなかった蚊帳と蚊遣り/江戸の町での蚊との戦い
江戸時代の傘の再利用の文化と商人の傘を使った広告とは
江戸の町で石焼き芋を売ってることが出来たのは木戸番の特権だった?
江戸時代の大阪は天下の台所と呼ばれていなかった?
江戸時代の煙草の禁煙令が守られないために死刑になったことがある。
女人禁制の江戸時代の富士山に女性が登る方法と登れない人が登る富士塚


お仕事

高価な砂糖から作った飴を奇抜な格好で売り歩いた江戸時代の飴売り
江戸時代、かつらやウイッグを作るために髪の毛を集める仕事があった。

江戸の旅

江戸時代にお金がない人の行っていた伊勢参りの無銭旅行
江戸時代に全国に整備された一里塚はどうして作られたのか?
江戸時代の子供たちの伊勢へ参詣する抜け参り
江戸時代、船も橋も掛けることができなかった大井川を人が渡る
江戸の住民が遠くに行く時の足は籠ではなく船だった。
江戸の大きな街道と整備をしていたのは


江戸の風俗

世間で問題になるほどの男色が世間に流行ってしまう江戸の街

江戸の歴史

1603年以前の江戸幕府ができる前の出来事
江戸時代1603年(慶長8年)から1608年(慶長13年)の出来事
江戸時代1609年(慶長14年)から1613年(慶長18年)の出来事
江戸時代1614年(慶長19年)から1619年(慶長18年)の出来事
江戸時代1620年(元和6年)から1624年(寛永1年)の出来事
江戸時代1625年(寛永2年)から1629年(寛永6年)の出来事
江戸時代1630年(寛永7年)から1634年(寛永11年)の出来事
江戸時代1635年(寛永12年)から1639年(寛永16年)の出来事
江戸時代1640年(寛永17年)から1644年(寛永20年 正保1年)の出来事

古書

井原西鶴作『日本永代蔵』直訳 第一巻「初午は乗て来る仕合」
【現代訳と直訳】日本永代蔵 Part01 初午は乗って来る仕合せ
井原西鶴作『日本永代蔵』直訳 第一巻「二代目は破る扇の風」


資料

【資料】江戸時代に使われていた単位
【資料】徳川時代の老中